投稿記事

【あまのじゅく メモ No.5】ポデスタ兄弟とペドフィリア


2023年6月7日付 ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙記事によれば、ペドファイル達はインスタグラム上で絵文字を符牒として使っているという。例えば、map(地図)の画像は 「minor-attracted person(未成年に魅入られた人)」を意味し、「cheese pizza(チーズピザ)」の画像は、頭文字が同じくCPである「child pornography(児童ポルノ)」を指す、といった具合である。この map と pizza は、奇しくも前掲のジョン・ポデスタのメールに登場する文言と同じだ。

(出典)2023年6月7日付 ウォールストリート・ジャーナル紙記事

Instagram Connects Vast Pedophile Network

https://archive.is/2023.06.07-110733/https://www.wsj.com/amp/articles/instagram-vast-pedophile-network-4ab7189

——

2020年8月31日付英紙デイリーメール記事によれば、ペドファイル(小児性愛者)はチーズやピザの絵文字を使って、インスタグラムで密かにコミュニケーションをとっている。チーズは少女、ピザは女の子を意味し、両者の頭文字を組み合わたCPは child pornography(児童ポルノ)の意味になる。

(出典)2020年8月31日付 英紙デイリーメール記事

Paedophiles are using cheese and pizza emojis to communicate secretly on Instagram as campaigners force social media site to shut down 2,000 accounts ‘linked to child porn’

https://www.dailymail.co.uk/news/article-8681535/Paedophiles-using-cheese-pizza-emojis-communicate-secretly-Instagram.html

これら WSJ 紙やデイリーメール紙の報道は、「陰謀論」のレッテル貼りで貶められた「ピザゲート」に一定の信ぴょう性を持たせるものであり、ジョン・ポデスタはペドファイルなのでは、という疑念を抱かせるものだ。

——

前掲 WASHINGTON LIFE 誌の記事によれば、ジョン・ポデスタの兄、トニー・ポデスタは「ピザゲート」疑惑の中心人物ジェームズ・アレファンティス(ワシントンDCのピザレストラン「コメット・ピンポン」店主)と友人であり、アレファンティスが主催するカジュアルなピザ・パーティーに定期的に自宅を開放している。

HOME_LIFE_INSIDE_HOMES_3_Podesta_Alefantis_pizza_party

——

トニーとジョンのポデスタ兄弟は、取り沙汰されるように、本当にペドファイルなのだろうか?本稿で取り上げたエピソードの数々は、それが根も葉もない噂とは言い切れないことを示している。

噂の真偽は、いずれ歴史が証明するだろう。だが、その結果にかかわらず、この連中が病的な嗜好の持ち主であることは間違いない。

(公開日: 2024年6月1日)

(最終更新日:2024年6月22日)