カテゴリー別アーカイブ: トモダチ作戦

【フクシマ・タイムズ】 2014年4月20日 トモダチ作戦 星条旗から被曝

fukushima dai-ichi nuclear power plant

ある水兵は、船の檣楼(しょうろう)まで登って星条旗を降ろすよう命じられた。彼は星条旗を降ろし、慣例どおり旗を三角形に折り畳んだ。彼は旗をしまうために、それを小脇にはさんで船底まで下りて行った。船底に着いてみると、旗が当たっていた身体の左側部全体が炎症を起こしていた。彼は、直ちに衣服をはがされ、水とセッケンで身体を洗浄された。極めて緊急性が高かったので、他の水兵らの前で裸にされた。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014年4月14日 トモダチ作戦訴訟 続報

fukushima dai-ichi nuclear power plant

この提訴が非常に問題含みなのは、米連邦裁判所に対して、米軍の意思決定過程に首を突っ込むよう求めていることだ。米艦隊の中でも最新鋭の部類に入る空母レーガンが、大量の放射線を浴びていることを知らなかった、ということがあり得るだろうか?東電は告訴棄却の申し立ての中で、次のように述べた: 「何千人もの人員を預かり、世界最新鋭の機器を備えた米空母の司令官が、外国の一電力企業のプレスリリースに情報を依存していたとは、信じがたい。」

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014年2月23日 米軍の機密文書廃棄

fukushima dai-ichi nuclear power plant

2011年3月下旬、米当局は事前策定済みの「緊急行動計画 (Emergency Action Plan)」に従って、在日米軍基地と米国大使館で機密文書を大量に廃棄。同計画は、拠点から退避する際に残置した文書からの機密漏洩を防ぐために発動される。これは当時、米政府が米軍・外交関係者をすぐにでも日本から退避させる検討をしていた証左。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014月2月9日 トモダチ作戦訴訟 再提訴

fukushima dai-ichi nuclear power plant

原告団は、東京電力を過失・厳格責任・事実の隠蔽などの罪で訴え、医療費および損害賠償金として 10億ドル (約 1千億円) の支払いを求めている。「東電には、福島原発の近くにいた、または近くに向かいつつあった全ての人に、すでに発生・進行中だったメルトダウンによる放射能の危険について、知らせる義務があった。東電はこの義務を怠り、過失により原告らに傷害・損害を負わせた。」

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014年1月15日 トモダチ作戦 水兵の証言

fukushima dai-ichi nuclear power plant

1月14日付 米ミリタリー・タイムズ: 米上下両院の議員らが、国防総省に対して、トモダチ作戦に参加した米水兵らに生じた疾患のデータを議会に開示するよう求めている。また議員らは、水兵らの放射線被曝を防ぎ最小限に抑えるために、あるいは被曝した水兵らを治療するために、国防総省がどんな措置を講じたのかについても、詳細な説明を求めている。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014年1月12日 トモダチ作戦 裁判続報

fukushima dai-ichi nuclear power plant

1月11日付 OpEdNews.com: 「トモダチ作戦」に参加した米海軍の水兵が、東電を相手取って米国で起こしている裁判の続報です。米空母ロナルド・レーガンの水兵 Lindsay Cooper の証言によれば、飛行甲板上で暖気の突風が吹いたかと思うと、金属味のする雪が降り出した、という。

続きを読む