投稿記事

【FT解説】 参院選結果を受けて


 

論評:  Abe’s electoral win is great news for Japan

           (安倍の選挙勝利は日本にとって吉報)

寄稿者:Ian Bremmer (ユーラシア・グループ社長)

          David Petraeus (イラクおよびアフガニスタン駐留元米軍司令官)

日付: 2013年7月23日

 

Some in Japan want a more assertive foreign policy and Mr Abe must resist any temptation to boost his popularity with actions that antagonise the country’s neighbours.

日本にはもっと主張する外交政策を求める者もおり、安倍氏は、日本の近隣諸国の反感を買う行動によって自身の人気を高めようとする誘惑に耐えなければならない

The greatest test for Abenomics will come from the prime minister’s ability to take on Japan ’s long-term structural challenges. First, there is the debt problem. Mr Abe has promised to honour his predecessor’s pledge to halve Japan ’s primary budget deficit as a percentage of gross domestic product by March 2016. Mr Abe understands that stimulus must come first, but spending cuts cannot wait forever if his government is to keep Japan ’s borrowing costs manageable.

アベノミクスにとって最大の試練は、日本の長期的な構造的課題に取り組む安倍首相の能力に由来することになろう。第一に、債務問題がある。安倍氏は、2016年3月までに日本の基礎的財政赤字をGDP比で半減させる、という前任者の公約を守ると約束している。安倍氏は、景気刺激策を優先せねばならないとはいえ、自身の政府が日本の借入費用を管理可能な範囲に維持しようとすれば、支出削減をいつまでも先送りできないことを理解している。

Second, Mr Abe has also passed on opportunities to make it easier to fire full-time workers – and, therefore, to hire new ones – which would ease the flow of labour from underperforming industries to more productive economic sectors. He has asked Japanese companies to raise wages, commit to greater domestic investment and keep operations in Japan, but he has not reduced corporate taxes to help them compete more effectively at home and abroad.

第二に、安倍氏はフルタイム労働者を解雇し易くする ― したがってまた、新規の労働者を雇用し易くする ― 機会を見送ってきた。この解雇容易化によって、不採算の産業からより生産性の高い経済部門への労働力の流動が容易になる。安倍氏は日本企業に、賃金を上げ、国内投資増にコミットし、日本での操業を維持するよう求めてきたが、彼らが国内外でもっと効果的に競争するのを助けるために、法人税を減税することをしていない

(下のページ番号をクリックして、次のページへお進みください。)