投稿記事

【フクシマ・タイムズ】 2015年4月6日 アンダー・コントロール

2020年五輪招致のために安倍首相がIOC総会で行ったプレゼンテーション(2013年9月7日 於ブエノスアイレス)。その際の「アンダーコントロール」発言が、五輪招致に向けた雰囲気づくりのためにすぎなかったことを、安倍首相自身が認める国会答弁をしていた。

◆ 2014年3月3日 参議院予算委員会における安倍首相の答弁

〇内閣総理大臣(安倍晋三君)

「私がプレゼンテーションにおいてアンダーコントロールというふうに申し上げましたのは、福島第一原発では、貯水タンクからの汚染水漏えいなど個々の事象は発生はしていますが、福島近海での放射性物資の影響は発電所の港湾内の0.3平方キロメートルに完全にブロックされていると。言わば、事態では、個々の事態は起こっているけれども、それは私は承知をしているし、対応しているよという趣旨のことを言ったわけでございまして、つまり、コントロールできていないということだったら全く何もできていないということになりますが、それは私は事態は掌握をしているし、対応はしているよということを申し上げたつもりであります。」

(中略)

今、後ろの方からふざけんなよという話がございましたが、先般も私は福島県に参りました際、例えば相馬市の市長からは、水産物が大変な風評被害を受けている中においてよく言っていただいたという話もありました。ただ、我々は決して収束したとは言っていないわけでございますが、ただ、まだ汚染水の様々な報道がある中において、報道でコントロールできていないではないかという方々もおられたんだろうと、こう思うわけでございますが、要は、英語のプレゼンテーションの中において、大切なことは、あのときは、まさに日本はちゃんと対応できていないのではないか、事態も全く掌握できていないのではないかという中において、そういう国にはオリンピックを任せることはできないねという雰囲気があったのは事実であります。それをいかに私は、日本の総理大臣としてその雰囲気を払拭することができるかどうかが私のスピーチのポイントでございましたから、そのところにおいて、私は責任者としてそれはしっかりと事実を掌握をして対応していますよという意味においてコントロールしていますよということを申し上げたところでございます。」

(引用終わり)

総理大臣として責任を感じるポイントがずれている、と思うのは私だけでしょうか。

安倍首相 国会答弁 140303 図

(議事録の完全版はこちらから↓ 上記の答弁は28ページ目にあります。)http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/186/0014/18603030014005.pdf