投稿記事

【フクシマ・タイムズ】 2014年1月24日 放射能 西海岸本格上陸か

◆ 2014年1月22日付 ジャパン・タイムズ

  • フリーランスのテレビ/ラジオ解説者ピーター・バラカン氏が語ったところによれば、2月9日の東京都知事選終了後までは番組で原子力の話題を避けるよう、二つの放送局から圧力を受けたという。 これはメディアの検閲ではないか、と懸念する者も出ている。
  • 1月20日に、氏が司会するラジオ生番組で語ったもの。ただし、二つの放送局名は明かさなかった。まだ選挙の告示前だったにも関わらず、上記の要請を受けたという。
  • 氏は、NHKなどでラジオ/テレビのニュースや音楽番組を司会している。
  • 氏は「誰かが、こういう問題をメディアで取り上げるべきだと思った。別のやり方があったかもしれない」 とコメントしている。
  • 都知事選で細川氏が勝てば、安倍首相が推進する原発輸出/再稼働にとって大きな打撃となる可能性がある。

http://www.japantimes.co.jp/news/2014/01/22/national/barakan-says-broadcasters-told-him-to-avoid-nuclear-issues-till-after-poll/#.UuKG-SyChjp

(関連記事)
◆ 2011年6月18日付 英デイリー・メール

  • 東京電力が金を出して、原子力産業に反対する俳優や音楽家のブラックリストを作成させていた。ある著名な日本人ドキュメンタリー制作者が語ったもの。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2005289/The-toxic-truth-Japans-harmony-tsunami.html

 

◆ 2014年1月23日付 RT (ロシア・トゥデイ)

  • カナダ太平洋岸のブリティッシュ・コロンビア州で、福島からの放射能に対する不安から、住民がパニック的にヨウ化カリウムを買い求めている。

http://rt.com/news/british-columbia-fukushima-radiation-097/

◆ 2014年1月22日付 ヴォイス・オブ・ロシア

  • 米国太平洋岸への放射能の到達が伝えられる中、米当局は公式に放射能を測定する努力を怠っている、とカリフォルニア住民から不満の声があがっている。

http://voiceofrussia.com/news/2014_01_22/Fukushima-radiation-reaches-Pacific-Coast-US-gov-t-does-nothing-to-monitor-air-food-and-water-California-residents-2932/

◆ 2014年1月21日付 NBC ベイエリア

  • 北カリフォルニアの住民らが、当局の「心配ない」という説明を信じず、ガイガー・カウンターで自主的に放射能を測定している。

http://www.nbcbayarea.com/news/local/Distrust-the-Government-Keep-Testing-for-Fukushma-Radiation-241402651.html