カテゴリー別アーカイブ: 放射能/汚染水

【フクシマ・タイムズ】 2015年4月12日 鯨の死はフクシマの放射能のせい?

fukushima dai-ichi nuclear power plant

先日、カリフォルニア沿岸にアシカが多数座礁していることをご紹介しましたが、北米西海岸にはイルカやクジラの死骸も多数打ち上がっているようです。ある鯨保護団体は、クジラの死は福島第一原発から出た放射能のせいではないか、と疑問を発しています。もちろん、そうだと短絡的に決めつけるのはよくないですが、海洋生態系の異変の原因を気候変動などに求める論説が多い中で、放射能の影響を疑う団体が出てきたことは注目に値します。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2015年4月1日 産地偽装の日本食品 台湾で発見

fukushima dai-ichi nuclear power plant

台湾は 2011年の福島原発事故以来、福島県・茨城県・栃木県・群馬県・千葉県からの食品輸入を禁止している。だが、これらの県で製造された食品が、産地を偽装して販売されているのが台湾で見つかり、当局が調査中。産地が偽装された商品には、キリンの午後の紅茶、日清食品のカップヌードル、森永の菓子6種 (クッキーなど) が含まれていた。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014年8月13日 座長解任要請-環境省会議

fukushima dai-ichi nuclear power plant

長瀧重信座長は、(中略) 『この会議でがんが増えているということが結論になると大変』 など、科学的根拠のない一方的な見方を示した上で、『誰が被ばくしているのか』 などと、原発事故によって今なお被曝を強いられている被災者の心情を踏みにじる言葉を口にしました。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014年5月18日 福島の葉を食べた幼虫が変異

fukushima dai-ichi nuclear power plant

おそらく日本で最も汚染度の低い地域である沖縄の幼虫に、[福島周辺の] 汚染地域から集めた葉を食べさせたところ、セシウムの内部被曝線量に応じて、低線量で死亡率と異常率が急激に増大した。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014年4月6日 名古屋の家から「熱い粒子」

fukushima dai-ichi nuclear power plant

福島第一原発から460km離れた名古屋の家のハウスダストから、「ホット・パーティクル(非常に放射性の高い粒子)」が見つかった。粒子の直径は約 10ミクロンで、吸い込まれて肺の中に留まり得る大きさだ。粒子そのものの放射能は 310ベクレルだが、1 kg当たりに換算するとペタベクレル/kg を超える。1ペタとは、10の15乗 (ゼロが15個)、1,000兆のことだ。

続きを読む