カテゴリー別アーカイブ: 作業員

【フクシマ・タイムズ】 2014年3月26日 給食で安全性アピール

fukushima dai-ichi nuclear power plant

現在、福島県の7割で福島県の物が学校給食に使われています。元々事故前に福島県の物を食べていなかった地域でも、原発事故の後、安全性をアピールするために子どもたちに食べさせようという動きになっています。 彼女たちはそれに反対して 『なんとか汚染されていない地域の物を食べさせて欲しい』 という主張をしています。(中略) 子どもたちに安全性のアピールをさせるという事自体が間違っているのではないかと、彼女たちは主張しています。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014年3月22日 NYT紙、批判連発

fukushima dai-ichi nuclear power plant

福島第一原発の作業員の間でアルコール依存症が蔓延。ある作業員は、同僚ら共々、二日酔いで出勤したこともあるという。
作業者の確保が難しくなってきており、ネット上で求人を行うブローカーが増えている。採用の基準は低く、ある求人広告では「常識があり、会話ができること」が要件となっていた。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014年3月16日 高まる反対の声

fukushima dai-ichi nuclear power plant

3月10日にNHKが発表した世論調査結果によれば、原発を「減らすべき」「全廃」が80%近くに達した。15日、福島原発の作業者ら約100人が東京電力本社前で抗議集会。また、福島原発事故の損害賠償を求め、GE(ゼネラル・エレクトリック)・東芝・日立を提訴している集団代表訴訟の原告が、約4千人にまで膨れ上がっている。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014年1月22日 炉心は地下に貫通か

fukushima dai-ichi nuclear power plant

在日スイス大使館が、福島第一原発の溶け落ちた核燃料の現状を示す分かり易い図をウェブサイトに掲示しました。核燃料 (溶融炉心) はすでに地中深くまで達し、それと接触した地下水が高濃度の汚染水となって、海に流れ込んでいます。同時に、燃料はまだ非常に熱いため、水が熱せられて湯気となって地上に出てきています。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2014年1月10日 米、ヨウ化カリ大量発注

fukushima dai-ichi nuclear power plant

1月1日および9日付 infowars.com: 米国保健福祉省 (HHS) は、ヨウ化カリウム 1,400万錠を発注していた。納期は 2月1日。また、米国国防補給庁 (DLA) は、ヨウ化カリウム 75,000錠の納入を求める入札公告を2012年に掲示していた。同庁は公告の中で、「2011年3月の東日本大地震とその結果生じた原発危機によって、改めてヨウ化カリウム剤に関心を寄せている」と述べた。

続きを読む

【フクシマ・タイムズ】 2013年11月3日 作業員「違法雇用と過酷労働」

fukushima dai-ichi nuclear power plant

10月25日付 ロイター: 特別リポート 福島作業員を蝕む「違法雇用と過酷労働」
10月22日付「週刊現代」: 福島第一原発作業員 緊急座談会「汚染水処理の現場はヤクザとど素人だけになった」

続きを読む